生理痛を悪化させるNGなもの

痛みのせいで憂鬱な気持ちになる生理の期間。

腹痛や腰痛、悩まされている方は多いはず。
でもその痛みはもしかしたらあなたの食生活が直接招いているものかもしれませんよ。
生理期間中に摂るべきではない普段から気をつけられるNG食材をご紹介します。
☆痛みを悪化させるもの
・コーヒー
体を温めようと、ホットコーヒーを飲んでしまっては逆効果!
体を温めるのは生理痛を和らげるのに大変効果的ですが、コーヒーや紅茶のようにカフェインが多く含まれる飲み物は体を冷やし血管を狭めてしまいます。お腹のキリキリとした痛みがましてしまうのでNG。

カフェインはミネラルの吸収を妨げ、鉄分が上手に吸収できず貧血を悪化させる。
ミネラル不足気味だと、貧血やイライラ、冷え性の人は下腹部痛や腰痛が起こりやすい。
・牛乳
牛乳もホットミルクなどにして飲みたいところですがNG。
牛乳やチーズの乳製品はエストロゲンと呼ばれる成分が多く含まれ、生理痛を悪化させる原因に。
普段の食事で適量摂る分にはなんの問題もありませんが、生理痛の起きている時に摂取してしまうのは危険です。
・チョコレート
生理前やなっている間は特に食べたくなるという人も多いのでは?
しかしそうして過剰摂取してしまうのは危険。チョコレートに含まれる砂糖・カフェインは血管を収縮させてしまいます。
また、肌の敏感な時期でもありますから、チョコレートは肌荒れの原因になることも。

子宮や血管を収縮させるチラミンという成分が入っていることや、マグネシウムなどのエネルギーのサイクルが乱れ、それと共に、チョコレートに含まれているカフェインで睡眠障害にもなりやすく、生理痛を悪化させる危険性があるので注意しましょう。
・砂糖菓子
甘いものは生理痛に苦しんでいる期間だけでなく普段から気をつけたい。
危険なのは白砂糖で、過剰摂取すると体の冷え・ホルモンバランスの崩れを招きます。
鉄分の吸収を阻害し貧血を招く他、ホルモンバランスによる気分のブレを招きます。

甘いものは血糖値を上昇させて気持ちを高揚させますが、感情が高ぶりイライラや情緒不安定の原因にもなります。
・揚げ物、お肉
生理中になると、甘いものより塩っぽいものが異常に食べたくなる人もいますよね。気軽に食べられるスナック菓子や、コンビニのホットスナックに手を出してしまってはいませんか?
油分が血液へ影響を与えてしまうため、ずきずきと続く痛みになってしまいそうです。
お肉もプロスタグランジンE2という成分を含んでいて、子宮が収縮してしまうので摂り過ぎはNG!

肉類の摂りすぎ、揚げ物、スナック菓子などの摂り過ぎは血液をドロドロにしてしまう可能性があります。
普段の生活で摂りすぎに気をつけることはもちろんですが、生理中は特に控えたほうがいいでしょう。
・卵料理
卵料理は、普段からとりすぎには気をつけたいもの。といっても避けるのは難しく、動物性のタンパク質もからだ作りには必要なため成人した女性の目安は1日1つほどのようです。
卵を摂り過ぎる人ほど卵巣があまり強くないということも言われているようなので、少しずつ気をつけたいですね。

生理痛の原因は、排卵後にパンや卵などのカラダを引き締める食べ物を食べ過ぎて子宮が固くなり、生理痛の出血がスムーズにいかなくなるこので起こるのがほとんどです。

以上生理痛の原因になる食べものでした!
ただでさえ辛い生理痛。余計に辛くならなくするためには食べ物に気をつけることも大切ですね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. もういいかなと思いつつ、まだ食べちゃうことありませんか?食べ過ぎなのはわかってるけど箸を運ぶ手が…
  2. キウイは国産のものは秋から冬にかけてが旬のフルーツです。しかし、ニュージーランドなど日本と季節が真逆…
  3. 日常生活で必要なものが、なんでもすぐに手に入るのがコンビニです。とにかく便利でありがたい存在です…
PAGE TOP